ブログ

サン・クリニックに出会えて感謝です

この度、二人目の里帰り出産で産院を決める際、偶然院長先生の「だいじょうぶ!子どもは育つ」の本に出会い、何げなく手にとり開くと、いっきに吸い込まれ読んでしまいました。一人目も二人目も不妊治療だった事もあり、実家から少し遠いですが、絶対サン・クリニックで出産したいと思い(きっとこれが最後の妊娠、出産になると思い)こちらでお世話になる事にしました。はじめての初診で切迫早産が分かり、県外の家には帰らずそのまま岡山の実家で過ごす事になり、2歳の上の子と1ヵ月自宅安静をしました。まだ赤ちゃんは600gしかなく、「生きて産めないかも」という不安や色々な思いがありました。薬の影響で上の子に絵本を読む事すらしんどかったですがその後、たまたまトイレで少し便に血がつき、こんな事で診察してもらって良いのかと思いつつ、念のため診察に行き、ついでに頸管もみてもらいました。するともう出産間近で、そのまま即入院になりました。便の血は問題なかったですが、「今日来てもらって良かった、あと数日で産まれる所でした」と先生に言われ、来て良かった、助かったと救われました。その後2カ月の入院高血圧や副作用やしゃべるのもしんどいくらいの時もあり、大変でしたが先生や看護師さんの知識や経験が本当にすごく次々と解決して下さり、小さな事から大きな事まで、本当に助けていただきました。
この2カ月では、人生でとても大切な事沢山学びました。
無事に正期産に入り、退院の日を迎えた時はついにこの日を迎えられ、夢のようでした。2歳の娘もいきなり、パパもママもいなくなり、住む家も場所も変わり保育園へ行きと大変でしたが、良くがんばってくれました。家族で過ごせる時間、一緒に寝たり公園へ行ったりそれだけでとても幸せで、ありがたい事だと実感しました。
退院後13日目、38週で、赤ちゃんが産まれて来てくれました!!
夜中に突然、5分間隔で痛み、すぐに立っていられない程でした。病院についてから1時間半で産まれました。出産の時は、助産師さん達のサポートでとても頑張れました!!
産まれた時の感動はもう言葉では表せません。産まれて来てくれてありがとう、頑張ったね、愛しくてかわいくてたまらず、痛みも忘れます。最高のこれ以上にない幸せの時でした。カンガルーケアは本当良かったです。産後のケアも、自分の胸の形に合った抱き方授乳の仕方やコツも教えて頂き、助産師さんにつけて頂いた骨盤ベルト、のおかげで立ったり座ったりとても楽になりました。先生、看護師さん、受付の方や美化の方やお料理の方みなさんお母さんと子供赤ちゃんのために志一つでとても尊敬します。何から何まで、本当にサン・クリニックに出会えて、良かったと心から感謝しています。

ご出産日  H31年1月9日
ペンネーム  リリー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP