当院の特徴

あかちゃんにやさしい病院認定施設(BFH認定施設)

WHO・ユニセフは母乳育児支援に限らず、妊娠・出産・育児の過程を通して「こころ」と「からだ」の健康の支援を実践している世界中の施設をBaby Friendly Hospital「あかちゃんにやさしい病院」として認定しています。
日本国内では68施設が認定され、岡山県内では岡山医療センター(1991年認定)とサン・クリニック(2004年認定)の2施設のみです。(2018年8月現在)

自然分娩

お母さんの産む力と、あかちゃんの生まれようとする力を最大限に発揮できるよう妊娠中からサポートします。
会陰切開などの医療介入も必要な場合以外はいたしません。
ベテランのスタッフが安心と安らぎに満ちた出産の場を提供します。ご家族の同伴も可能です。
万が一の緊急時には、高次救命施設と連携し、救急搬送できる態勢を整えていますのでご安心下さい。

バース・カンガルーケア

あかちゃんが生まれてすぐにお母さんはベッドの上で、裸のままのあかちゃんを抱っこできます。
あかちゃんとの感動の出会いの時間を体験できます。
そのまましばらくご家族で一緒に過ごすことができます。

母乳育児

母乳育児は本来自然なことです。
経験豊かな助産師がその人にあった飲ませ方を丁寧に指導し、
母乳育児に関する疑問や悩みにお答えします。

母子同室

生まれた日から一緒にいることで、お母さんはあかちゃんをいつでも抱けるし、
おっぱいもあげられます。ご家族も自由にあかちゃんとふれあえます。
個室をご希望された場合には上のお子さまも泊まれます。

4D超音波とエコー動画システム

無料で4D超音波を行っています。
また、エコー動画配信サービスを取り入れていますので、診察時のお腹のあかちゃんを
スマートフォン、タブレット、パソコン、携帯電話でいつでも見ることができます。
ご家族や友人とも共有することができます。

LDR、フリースタイルのお部屋完備

LDRとは、陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)を略した言葉です。
陣痛が始まってから周りを気にせずに出産に臨むことができ、回復するまでの時間をひとつの部屋で過ごせます。
お母さんが産みたい姿勢で産むことができるフリースタイル分娩をご希望の方のお部屋もご用意しています。

助産師外来での個別指導とバースプラン

妊婦健診とは別に助産師外来を受けることができます。
妊娠中の疑問や不安を丁寧に解消し、出産に向けて助産師と何でも相談できる関係が作れます。
貴方だけのバースプランを一緒に考えていきましょう。

産後ケア入院

退院してから始まるあかちゃんとの生活が不安な方は、通常の退院日を過ぎても入院を延長することができます。
ご自宅に援助して下さる方がいない場合や、産後をゆっくり過ごしたい方にもお勧めです。

子育て支援

当院では、産後の子育て支援を大切に考えています。
専任の保健師が常時育児相談に応じています。
また、育児サロン、エンジョイ・育児サークル、子育てほっとたいむ、1才児クラブ、
2才児クラブ、にこにこサンクラブ、12才の会、翔き(はばたき)の会など18才になるまで、
様々な形で子育てを応援しています。

PAGE TOP